« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

なんちゃって「鴨ぬき」

tatenonは晩酌党です。そば屋で呑むのももちろん大好きだけど、うちで飲んでる回数が一番多いですね。肴は、要するに晩ご飯のおかずです。ご飯に合う物はおさけにも合います。

たまには肴を自分で作ってみることもあります。もちろんごくごく簡単なものですけど。今回は生意気にもそば屋の肴「鴨ぬき」にチャレンジ。もちろん「なんちゃって鴨ぬき」だけど、結構美味いですよ。

Kamonuki1 鴨とネギを買ってこないと始まりません。鴨はももで十分、小さく切ります。肉屋さんで切って貰えば簡単です。ネギは…これくらいは自分でぶつ切りにしましょう。下ごしらえはこれでおしまい。鴨は100gもあれば2人前くらいは楽勝です。

Kamonuki2 汁は手抜きでめんつゆをかけ汁程度の濃さにします。火にかけてすぐネギを入れて、沸騰したら鴨を入れて弱火でしばらく煮ます。煮る時間はお好みで。煮すぎると固くなる?なに、小さく切ってあれば怖くない。ネギはよく煮た方が甘くなります。

Kamonuki3 器に盛って、はい、できあがり。こんなの料理ではありません。脂が出た汁、とても美味いですよ。別に乾麺でもゆでれば、すぐに鴨南蛮になります。余ったら、冷凍可能です。ネギを冷凍すると繊維が壊れるかも知れませんが、なに、気にしない、十分美味い。食べるのは自分ですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竹鶴・雄町純米

Taketsuru2 竹鶴は広島のおさけなんですね。ときどき頂いているけど今回初めて知りました。どうりでなんとなくtatenon好み。広島や岡山のおさけは結構好きなものが多いです。

この雄町純米は、実に味が濃い。酸度2.0の表示ですが、そんなもんではないはず。米の旨味がどーんと来る感じです。冷やでも美味いけど、やっぱりtatenonはこういうのは熱燗で頂きたい。

肴はなんでもござれです。特に、熱々の鍋を頂きながら熱燗でやるのなんか最高ですね。味が濃いから、汁物を肴にするのも、まことにいいわけです。鴨ぬきも非常に結構でした。(鴨ぬきは次の記事参照)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

虎ノ門「出羽香庵」さん

Yamagata_yutorito Dewakouan1 山形県のアンテナショップ「やまがたプラザゆとり都」の中にあるそば屋さんです。一見したところビル内の食堂みたい。こんなところ、美味いわけないよなあ…と思うとさに非ず、ぶっとくて食べ応えのある美味しいおそばを出してくれます。おかげで、昼時などサラリーマン諸氏・諸嬢で行列になります。

おすすめは、なんと言っても「大板そば」(1,200円)です。すごい量。力一杯、食いでがあります。tatenonの小さくはない胃袋でもこれ1枚でお腹一杯。喰ったあ、という満足感があります。もちろん、女性の方など、少食(中食?でも?)の方には危険ですので、普通の「板そば」でも十二分です。

Kotohira 帰りは、気が向いたら目の前の金刀比羅宮へどうぞ。ビルの谷間の神社、なかなか素敵です。

Kotohira_chouzu PS.神社で手水にお金を入れるなんてひどい…トレビの泉ではなく、手と口をすすいで浄めるためのものですからねえ…

そば処『出羽香庵』
千代田区霞ヶ関3丁目8-1虎ノ門三井ビル1F
TEL:03-3504-8715
FAX:03-3504-8744
営業時間:AM11:00~PM7:00
やまがたプラザゆとり都
休業日:土・日曜日・祝祭日・年末年始
地下鉄:銀座線虎ノ門駅(3番出口)から徒歩1分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

高島屋・達磨出店に行きました

Daruma_3 北広島・達磨さんが日本橋高島屋の「雑誌ミセスが選ぶ隠れた味うまい味」(うまい味、って変な日本語だと思いますが…)に今年も出店しています、というわけで今日行って来ました。23日までです。

Takashimaya 久しぶりに東京駅八重洲北口に行ったら雰囲気が一変。国際観光会館の建て替え工事中のようでした。ちょいと行くとすぐに高島屋。こちらは昔ながら。

Daruma_takahashi 8F催物場に行くといつものことながらおねえさま方の熱気に圧倒されます。奥まで行くと、高橋さんがいつものように実にテンポ良くそばを打ってました。こんにちは。

20人くらい並んでいましたが、最後尾とそば打ち見学者の区別がつきません。声をかけて確認して並びました。まあ、もりそばしか置いていないし(酒はありません)、厨房にもお弟子さんが多いので時間はかかりません。

しばらくして席に着くことができ、あとはいつもの達磨のそば。当然3枚。当たり前ですが1枚ずつ、いいタイミングで出てきます。いただきます。いい香り。つゆもすっきり。つるつるっと実にのどごしのいいそば、たまりませんね。3枚あっという間に食べ終わって、そば湯を飲んで、ほっ。高島屋の特設会場はせわしないとはいうものの、やっぱり高橋さんのそばがいちばん好き、ほっとします。

さあ、次に高橋さんのそばを食べるのはいつかなあ…そんな遠い先ではなさそうです…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

去年よく行ったそば屋さん

どうでもいい個人的備忘録です。私は結構気に入ったおそば屋さんには何度も行くほうです。

<回数>
1.西落合・遊         13回
2.西八王子・坐忘  11回
3.吉祥寺・中清    9回
4.三鷹野崎・吉田屋玄庵   7回
5.しながわ翁   6回
5.武蔵関・にはち 6回

<枚数>
1.坐忘       16枚
2.遊         13枚
2.しながわ翁 13枚
4.達磨(そば会)  10枚
5.中清         9枚

まあ、こんなところでしょう。遊さんと坐忘さんにはずいぶん行きました。どちらも、座敷に座ってのんびりおさけを頂けるお店です。中清さんでもいつも小上がりに座ります。

枚数では、達磨そば会(高橋さん)もしながわ翁さんも、そば会があるとそこで3枚は頂きますので枚数が増えることになります。去年は達磨の本店には行きませんでしたが、東京近辺のそば会にはできるだけ行っています。

ついでながら、おさけを頂いた回数でも遊さんが断然トップ。13回。要するに、行くけば必ず一杯やっていたわけでした…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

達磨が日本橋高島屋に臨時出店

Daruma_2 今年も新年から北広島「達磨」の高橋さんのそばが日本橋高島屋(※1)で頂けます。開催要領は以下の通りですが、だいたい5時前には売り切れになるのが通例のようです。

日本橋タカシマヤ 催しのご案内
雑誌「ミセス」が選ぶ かくれた味 うまい味
■1月17日(水)~23日(火)■8階 催会場※最終日は午後6時閉会

広島県山県郡[雪花山房 達磨]
手打ちそば・もりそば(一人前) 735円
営業時間は、午前10時30分から閉店30分前までとなります。
(ラストオーダーは閉店の1時間前)
ご利用人数により、閉店時間が早まる場合がございます。
※誠に勝手ながらお一人様、もりそば3枚までとさせていただきます。

※1.もちろん、髙(はしご高)島屋が正しい表記。環境によっては文字化けする?のでこう書いた次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

しながわ翁さんでそば初め

Shinagawa_okina_2 今晩は、しながわ翁さんでそば初めでした。昨日の某店はプレそば?ということで。

しながわ翁さんの隠れ名物?は、湯豆腐。湯豆腐の鍋の中に、付け汁の小さな器が入っています。これ、冷えなくていいんですよ。江戸前のスタイルですが、あまり一般的ではなくなりました。

焼き味噌と湯豆腐でのんびり一杯やった後は、鴨南蛮とざるという贅沢。まあ、新年だからいいことにしましょう。

Soba_nenga そば屋さんでお年賀を出すところも今では少なくなりましたが、しながわ翁さんではやげん堀の七味が毎年の定番。これもまた楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

正月とそばは相性が悪い…

今年はそば屋さんに行ったときの雑感が主体になるかと思います。ときどき紹介も含めていきます。

そば屋さんはまだまだ開いていませんねえ。昨日(1/3)、靖國神社初詣の帰り、吉祥寺・東急デパートのまつやさんに行くつもりが、長蛇の列で断念。

今日(1/4)は正月休みの最後ですが、だめもとで練馬区内のそば屋さんに何軒か自転車で行ったら、最後の1軒が開いていました。ラッキー。

評判のいいお店で、家族でやっている小さな店です。そこのおそばはとても美味しいけどなんとなく好みではないのですが(従って私は記事にしていない)、そば難民としてはそんなことを言ってられません。せいろと粗挽きを1枚ずつ頼みました。

なんと、2枚同時に出てきました。がーん。私はそばはのびる前に早く食べるようにしていますが、さすがに2枚同時は辛い。サービス係とご主人との連携がうまくいっていなかったのでしょうか。

会計を済ませて、お店のご主人に、1人客に2枚のそばを同時に出すのはおかしいんじゃないの?と言ったところ、詫びていました。

きっと、優しいお客さんが多いのでしょう。でも、ダメなサービスには文句を言うべき。どうなってもいいそば屋さんなら、はいさよなら、だけど、少しでも期待しているお店なら言ったほうがお店のためです。もし反省してくれれば、これからはよくなることでしょう。

新年初そばはちょっと残念なことになりましたが、まあこんなこともあります。気を取り直しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年/開運

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Kaiun みなさまの今年の運勢が上がることを祈って、今日は開運・特別純米酒にしましょう。新年一番に開けたおさけです。静岡は掛川のおさけ、全量山田錦で気持ちのよい、辛いとあまり感じない辛口。まあ口上を並べるのはこれくらいにして、正月は朝からおさけが飲めてめでたい。昼酒もいいけど、朝酒はもっといい。一日無駄になります、まあ正月はそれもいいでしょう。

今年、どうやってブログを続けていくか、まあお屠蘇でものみながら…考えられるわけもなく、まあとりあえずは正月は箱根駅伝でも見ながらのんだくれることとしましょう。明日は明日の風が吹くでしょう。

Hakone_ekiden_beer ははは、たまにはビールでも。中身は黒ラベルです。

Shichihukujin みかんのまわりでくつろぐ我が家の七福神

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »