« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土)

しながわ翁さんの営業時間にびっくり(6/1以降)

Sinagawaokina_1 しながわ翁さんの営業時間が6/1から変わります。

9:00~15:00(14:30LO)
日、第2月休

ちょっと驚きです。9:00~という営業時間は余り聞きません。観光地などならわかりますが、都心のそば屋では知りません。朝食には遅いわけですし。

10:30まではもりそばのみ営業らしく、仕込みをしながら店も開けている、ということでしょうか。

まあ朝はともかく、夜の営業をやめるのが主眼。つまり、昼酒、もとい、昼そばのおみせになるわけですね。まあ、最近夜は居酒屋と勘違いしているサラリーマン集団が増えていたので、これで再び本来のそば屋さんに戻る、ということかも知れません。

ご主人の決断に敬意を表しますが、行きにくくなったのは間違いないなあ…

5/3追記
夕べご主人に話を聞いてきました(要するに飲みに行っただけ…)。いろいろご事情があるようですが、やはり人手が足りないようですね。事情が好転すればまた元の営業時間に戻す可能性もあるそうです。夜の営業がないと大変でしょうが、ぜひ頑張ってほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

西荻窪「ささら亭」さん

Sasara_tei 『みるからに怪しげな店だね。夜しか開いてないし。』
お久しぶり。最近どうしてましたか。

『でも「手打そば」の幟には勝てずに入ったらびっくり。ゆきとら、シャシュリーク、風神わんたん、灼熱のサモサ、なんてメニューがあるじゃないの!』
これではなんのことかわかりません。解説しますと、tatenonさんが今から20年以上前、西荻窪で飲んだくれていた頃、「風神亭」という店が行きつけでしたが、この4つはその店の名物メニューでした。あまりの懐かしさに驚いた次第。

『わんたんは変わっていないねえ。なつかしいなあ。中年のオジサンにはちょっと重いけどね。これはおさけより焼酎かな。おそばやさんには珍しくお刺身もとても素敵だから、おさけにはそちらかな。』
お刺身とは珍しいですね。どちらかと言えばそば居酒屋さんでしょうか。

『さて、肝腎のおそばだ。ささらもりそばは香りも味もしっかりした、実に素敵なもの、酔っぱらいに食べさせるにはもったいないよ。』
あんたも酔っぱらいのくせに他人のことが言えた義理ですか(笑)

※20年6月現在、引っ越してますので注意!住所は変更しました。

ささら亭
杉並区西荻南3-14-2
03-3247-7077
17:30~24:00 L.O.無休
日祝のみ昼も営業らしい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

遊さん、こたつの季節

Sakura_musashino_shiyakusho 春爛漫ですねえ。tatenonもたまには団子より花で写真でも載せましょう。これは隣町・武蔵野市役所前です。

Yuu さて、春秋の短い季節しか楽しめないものといえば、遊さんのこたつ。

遊さんは全席ちゃぶ台・座椅子、まことにのんびり呑めます。もちろん、それも幸せですが、この春秋のやや寒いくらいの季節なら、ベランダにこたつを出してもらうのもいいもんです。足は暖かでちょっとひんやりするくらいがまことに具合よい。月でも見られればさらに幸せです。

昨日は月は見られませんでしたが、宗玄の生原酒をぬる燗、やりいかの煮付け、名前忘れたけど山菜のおひたしで一杯。締めはかけそば。まことにくつろいだのんびりと流れる時間でした。

(営業時間などは公式HPをご覧ください。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »