« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月17日 (火)

国領「山河」さん(閉店…残念です)

Sanga_2 『国領、布田、調布。歴史を感じる地名だねえ』

租庸調の昔、取り立て基地があったのですかね。どの時代も税金は辛いもんです…

『さて、国領の駅前に坐忘さんのお弟子さんが店を出したと聞いて、居ても立ってもいられなくなったわけだ』

地図を見ると北口から廻らないと行けないように見えるけど、実際はビルが自由通路、南口から徒歩2分くらい。

『こじんまりしたこぎれいな店。肴が数種、酒も数種。そば前は軽くだね。うん、身欠き鰊はまことにいい』

京都の鰊そばの上に載っているあれですか。酒の肴には恰好です。

『さておそば、きりっとして実に美味しい立派なそばだ。』

その感想、さては今回は酒は控えめにしましたね?

『開店10日でこれなら立派だ。これからがまことに楽しみだね。でも、国領ってちょっと不便だなあ…』

各駅停車だけだからと言って、駅前で不便なんて言ったらかわいそうですよ。

蕎麦 山河
調布市国領町4-7-8エステート・オギモト1F
042-484-7270
水休
11:30-14:30LO、17:30-20:30LO
(営業時間は仮)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

山葵の使い回しが問題になるとは…

『わさびの「使い回し」が新聞沙汰になるとは、世も末だねえ』

このブログはそば屋さん紹介ブログだけど、このニュースそばの薬味使い回し 長野のサービスエリア』(産経)を見たら、ぼやきたくなったわけですね。

『わさびをお客さんにすりおろして楽しませよう、というのは素敵なサービス。別にわさびを丸かじりするわけではないのだから、残ったら洗って形を切りそろえた上で次の人が使うのは、不思議でも何でもないよ』

そりゃあそうですね。

『なんだか「前と大きさが違う」と文句を付けたアンポンタンがいて、それで「使い回し」ということにされ、保健所まで文句を言ったそうだ。これじゃあこのサービス、もうそば屋さんではできなくなったね』

アンポンタンと保健所が日本的で素敵なそば屋のサービスを潰しましたか。

『それでこの店では反省してチューブ入りわさびにしたそうだ。ひどいサービス劣化だ。』

お客さんの楽しみが減ったわけです。酷い話ですねえ…

『現代日本人は自ら自分達の文化を潰してしまうわけだ。ああ、情けない、情けない、今夜はやけ酒だなあ…』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »