« 連絡はこちらまで | トップページ | 亀戸「一休」さん »

2009年1月10日 (土)

目黒東山「波心」さん

Hashin 『神藤さんに薦められたので行ってみたよ』

いいかげん」さんのご主人ですね。「いいかげん」さん、最近電話を掛けてもお客さんで一杯のことが多くなかなか行けません。

『ずいぶん高級感ある店構えだね』

ちょっと入っていいかどうか心配になります(笑)

『中も立派で、ゆとりある店内だ。いろいろな料理があるなあ、そばはどちらかと言えば〆のメニューかも知れない』

そば屋さんというより和の料理屋さんの風情ですか。

『2枚重ねのせいろそば900円。つゆは出汁が利いた和食屋さんらしいもの。薬味はわさびとおろしに葱、丁寧で上質なものだね。肝腎のそばは、強烈な感じはないけど、香りも味もとてもいいし、するっとのどを通る。料理の〆に食べることを意識しているんだろうね』

〆に強烈なのは料理と喧嘩するかもしれないから、ということですか。

『ああ、美味しかった。高級感あふれる店でのんびりするのもいいもんだね。和食の料理屋さんとしては高くないし』

なかなかいろいろな使い方ができそう、接待にもいいかもしれません。

ところで、東山って聞き覚えある地名ですね。地図を見れば明らか、以前「東山織田」さんがあったところです。奥沢の織田さんは一世を風靡したけど、奥沢の小さなそば店の感覚で東山の大きな店をやったのでしょうか、最後は夜逃げ同様に店を閉めたと聞いています。近くに同じような立ち位置の店「土山人」さんもあって、客としては嬉しいけど店は大変ですが、「波心」さんには織田さんの轍を踏まずに頑張ってほしいと思います。

波心 HASHIN
03-5724-3113
目黒区東山1-17-3
全日昼11:30-14:00、
平日夜18:00-24:00、土日祝夜17:30-23:00
月休

参考までにメニューを貼っておきます。クリックで拡大
Hashin2

|

« 連絡はこちらまで | トップページ | 亀戸「一休」さん »

コメント

 「波心」さんのことは知っていました。この前にあった「東山織田」には数回足を運んでいたのですが、そうだったんですね。良い蕎麦を出していたのに、残念です(--;
 「波心」さん、一度、行きたいと思っています。 土山人さんにも~♪

投稿: まあやん | 2009年1月10日 (土) 16時51分

場所柄か、なかなかお値段も良いですね(^^;;

神藤さんのご紹介ということは、やはり東京蕎麦の会のご出身なのかしら?
日をみて、いつか訪れてみようかと思います。
お料理は何か頂きました?

それはそうと、
わたしもなかなかいいかげんに、入れなくなってしまって、それがちょっと寂しいです。

投稿: yuka | 2009年1月10日 (土) 17時31分

まあやん様
店を大きくするのは難しいですね。奥沢の跡も残念だったし…
土山人さんとこちらとはしごするのは、ちょっとお勧めではないかも。どちらも落ち着いて行きたい店ですね。

投稿: tatenon | 2009年1月10日 (土) 19時25分

yukaさん
そう、ちょっとお値段は和の料理屋に近そう、あれ?ということのないようにメニューを貼っておいた次第。ママチャリングで酒飲むわけにもいかなかった…というより予算オーバーなので料理はちょっと遠慮しました…(苦笑)
こちらの主人は恵比寿の和食屋さんで働いていた方らしい。江戸東京そばの会かどうかは聞きそびれました。神藤さんは江戸東京そばの会に限らず、食べ物関係の人脈がとても広いようです。
PS.そう、いいかげんさんなかなか行けないんですよね。昨日行ったのですが、4ヶ月ぶりでした。

投稿: tatenon | 2009年1月10日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42894/26990226

この記事へのトラックバック一覧です: 目黒東山「波心」さん:

» 波心(夜)@中目黒 [明日の昼は何食べる?@渋谷ランチ]
「波心(はしん)」 【中目黒/居酒屋】 前々職、桜丘のOB/OGと新年会。年齢層が高めなので以前から気になっていた中目の落ち着いた雰囲気の居酒屋へ。冷たい小雨の中、尾崎やAlaturcaを通り過ぎると、左手に純和風の門構えと小さなランプが出迎えてくれる。門をくぐると、飛び石を渡って店の入り口に到着。店内は左手に大きなカウンターが配されており、右側には小さな坪庭が。この日は個室を予約したので、カウンターを通り過ぎて奥のくぐり戸を抜ける。その先の左手の引き戸を開けると広い和室が現れる。壁に...... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 17時08分

« 連絡はこちらまで | トップページ | 亀戸「一休」さん »