« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

おかむらさんそば会

『今年もおかむらさんで高橋さんを招いてそば会があった。もちろん行ってきたよ』

逗子までご苦労さんなことです。すっかり高橋さんのおっかけ扱いされてます(笑)

20100522okamura 『おかむらさんでのそば会は、途中で高橋さんトークが聞けるのが面白いね。この写真で高橋さんが持っているのはメイプルの木で作ったのし棒。イチローや松井のバットを作る有名な職人の久保田さんが作ったものだそうだ。26mmと普通のより細くて力が入って使いやすいそうだよ。他にも包丁も作り直したそうだ。前のは30年以上使ったというから驚きだな』

他にもいろいろ面白い話がありました。なお、写真右は「おかむら」ご主人、岡村さんです。

『もちろんそばはいつもの高橋さんのそば。腰があって固くない、香りがあって勝ちすぎない、バランスの取れた見事なものだよなあ。今回参加なさったお客さんが、以前よりほんの少し細くないですか?と高橋さんに聞いていて、実際細くなったそうだけど、私は全然気づかなかったなあ』

そりゃあ急に細くなったら気づくかも知れないけど、微妙にすこしずつ細くなったんだったら、しょっちゅう食べていれば気づくはずないですね。1年ぶりに食べた方のその記憶、お見事でした。

『高橋さんともいろいろ話したし、満足。さあ、歩いて帰ろう、ちょっとした山道があるからそっちを通ると気分いいんだ』

おかむらさんから少し上がって、水道タンクのところを入ったところから降りるんですね。鶯も気持ちよく啼いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

小平一橋学園「黒香庵」さん(閉店)

Kurokouan_2残念ながら閉店なさったそうです…ぐすん…

yukaさんまあやんさんが紹介なさって、もう気になって仕方なかった店。神保町の本家がなくなってから行った店は調布「八雲」さん六本木「いづ味」さんくらいだからなあ』

出雲そば本家の跡地は、今はなかなか美味しい中華料理屋「青蓮」さんです。六本木の「いづ味」さんは本ブログではなんとなく紹介そびれました。「いづも」と「泉」をかけてますので、住友関係の店らしい。

『一橋学園駅近くだね。先日行った「佳蕎庵」さんとそんなに離れてないし、「醍醐」さんはすぐそば、「甚五郎」さんの支店も近いね』

「悟空」さんは残念ながら閉店しましたが、今やそば屋密集地帯です。

『ちょっと待ちそうだから、まずは「七冠馬」だな。米の甘さが嬉しい純米、シンボリルドルフのような鬼の強さより、ハルウララのような一等にならなくても常に上位で長く愛されるおさけだ』

相変わらずわけのわからないことを言っております(苦笑)、なお、tatenonさんは、戦後の名馬は、ハイセイコー、シンボリルドルフ、オグリキャップ、ハルウララ、コータローの5頭に尽きる、と固く信じているらしい(笑)

Kurokouan_1 『さて、肝腎のそばだ。そばは田舎っぽい美味しいそば、つゆはどっぷりつけて食べるのにふさわしくちょっと甘め、それに鰹節、刻海苔、小葱、紅葉卸の薬味をたっぷり入れて食べるとこれがいかにも出雲そば、美味しいんだ』

江戸そばの汁で出雲そば風の食べ方をしたら悲惨なことになりますね。そば、つゆ、薬味の善し悪しは食べ方にとても関係します。

『ああ、美味かった。今度はぜひ釜揚げそばを試してみたいけど、難しいかな』

こちらの温そばは釜から上げてそのままそば湯に浸した「釜揚げそば」らしいですね。これは興味深いけど、割子の魔力に勝てるかどうか…(笑)

営業日などのデータは公式HP参照
http://kokukouan.info/index.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »