« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

武蔵関「板蕎麦山葵」さん

Itasoba_wasabi 『ご近所「天龍庵」さんが、店名も新たに再開店したのが「板蕎麦山葵」さん。ずいぶん雰囲気が変わっていて、ちょっと楽しみだ』

つれづれ蕎麦さんのコメント欄でジゲン様が紹介なさって以来、気になっていたようです。

『最初はランチで様子見かな。yukaさんが頼んでいたランチプレートも気になったけど、今日は親子丼のセットにしよう』

ランチプレートは人気ですね、keiむさしのさんも紹介なさっていました。tatenonさんの子供達が最近すっかり親子丼ファンで、最近は本人もつられて親子丼づいてます。

『まず出てくる葱、おろし、ごま、揚げ玉の薬味セットが迫力あるね。量も十分の板そばには店名通りわさびも付いてくる。そばは以前の天龍庵の頃に比べて美味しくなっていて、これならいいな。それを薄い汁にとっぷり浸けて、さらに薬味を適当に載せて食べると楽しい。親子丼は親子煮をご飯に載せた感じ、美味しいけどもっと「つゆだく」でもいいかな。お新香もついてこれで850円はお徳感たっぷりだ』

再開店して間もないのに、ご近所さんで混雑してました。多くの人が再開を楽しみにしていたのでしょうし、美味しくなってお値段そのままだからこれからもっとはやるでしょうね。

『ああ満足。昼のメニューに親子丼単品はないけど、頼めば作ってくれるようだから、家族で行ってもいいな。夜のメニューも安くていろいろあるし、結構雰囲気もいいから、今度は呑みに行ってみよう』

これからが楽しみですね。

板蕎麦 山葵
練馬区関町北1-15-8
03-6794-1111
11:00-15:00、17:00-23:00(日祝22:00)
月休(祝日営業)

| | コメント (12) | トラックバック (3)

2010年6月 8日 (火)

「月心」さんの冷やかけが絶品!

Tukigokoro『月心さん、冷やかけを始めたけど、絶品だねえ、感動した』

好みは人それぞれ。でも、tatenonさんが感動とまで言うのは珍しいですね。

『のんびりいつものように呑んでて、幸せだったね。で、〆の蕎麦にしようと思ってメニューを見たら、温蕎麦が冷やかけもできるように書いてあるじゃないの。これはもう冷やかけの1手だ』

冷やかけはやや珍しいメニューです。

『引き締まったそばに冷たい関西だし。この組み合わせ、あまりに見事、出汁も一滴も残せない。眠かったのがいっぺんに目が覚めた。ご主人も、冷やかけには関西だしのほうが合うかもしれない、と仰せだったけど、さもありなん。しばらくはまりそうだ。今度はすだちそばの冷やかけにしようかな』

そのままの冷や出汁も良いけど、すだちが入るとさらに目が覚めそうです。

蕎ゃ月心 公式HP
http://tsukigocoro.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

新中野「まつや」さん

Nakano_matuya1 『新中野駅近くにまつやさんがあったんだね。最近まで知らなかった』

yukaさんの「つれづれ蕎麦」で紹介されて、気になって仕方なかったようです。

『急に夕方に西新宿で仕事することになった。滅多にないこと、これは寄らない手はないな。ちょっと早めに帰りたいからほんの一杯だけ』

一杯で済むはずないのは自分が一番よく知っているくせに(笑)

『鰊棒煮とじゃこ辛味おろし、それに「想天坊」の「技」はよく合っていいねえ。ありゃ、正一合なのに、酒が足りないぞ、「司牡丹」の「船中八策」も頼もう。これも辛くてよく合って気分いいな』

ほら、一杯じゃないじゃん(笑)

『もっとゆっくりしたいのはやまやまだけど、今日はこれくらいにしてそばにしよう。「ご在所」っていうメニューは見たことないから聞いたら、野菜の素揚げなどに鶏肉を合わせた温かいつけ汁だそうだ。冷酒と冷えた肴ばかりだったから、これで仕上げるのが良さそうだな』

Nakano_matuya2 『うん、油が少しにじんだつゆに、少し細切りのそばがよくからんで美味しいこと。野菜も鶏も美味しいし、これはいいなあ』

具だくさんメニューは嬉しいですね。

『ああ、美味しかった。値段も安めだし、メニューも多いし、ここはいいなあ。やっぱりまつやさんはいいなあ』

神田の本家、吉祥寺のデパ上もいいけど、こういう街場でまつやさんが楽しめるのも、また嬉しいですね。

Nakano_matuya3 手打そば まつや
中野区本町4-38-26
03-3381-2470
11:30-14:30、17:30-21:30
日休

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »