« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月14日 (土)

国分寺「きぬたや」さん

Otakanomiti 『「きぬたや」さんは、前は恋ヶ窪あたりにあったんだけど、今は国分寺にあるだね。お鷹の道のすぐそばだ』

お鷹の道、真姿の池湧水群(写真)は東京の湧水で唯一日本百名水に選ばれているところで、散歩するのにも実に気持ちのいいところです。

『恋ヶ窪の頃は本当に小さな店だったけど、こっちは堂々たるもんだ』

Kinutaya2 風景によく馴染んだ素敵なお店です。

『予約なしで来たんで20分ほど出てくるのに待つそうだ。仕方ない、まずはそば前』

昼酒に格好の言い訳(笑)

『醸し人九平次を五勺だけ。あてに豆腐がちょこっと、こういうのが昼酒の醍醐味。のんびり呑んでいたら、そばの切れ端を茹でたものも。うーん、そば屋の昼酒ほど幸せなものはないな』

勝手に呑んでなさい(笑)

『さて、そうこうするうちにせいろそば。1枚目は福井在来種の手碾十割。2枚目、同種の粗碾。3枚目、同種の田舎風。どれも蕎麦自体は同じものなのだが、碾き方で味は結構違うもんだね。私は1枚目が一番好きかな。7種のそばを打ったそうで、ふらっと遅く入ったので3種類になったらしい。これで十分』

せいろ1枚頼むと何枚か少しずつ出てきます。多種打つ場合でも、普通は別種のそばを違う碾き方で出す店が多いですね。今回は純粋に碾き方の違いによる味わい比べができました。これも面白い。

『ああ、満足。帰りはのんびり国分寺まで酔っ払い気分で歩こうっと』

行く前に一本電話して確認するのがおすすめですね。

きぬたや
国分寺市東元町3-19-34
042-326-7399
月・火休 11:00-16:00(売切仕舞)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

いらっしゃいませ

このブログは、最初はそば屋とおさけの紹介を目指していましたが、最近はすっかりそば屋ばかりです(笑)

ある時期から、酔っぱらいtatenonの独り言+ナレーターの突っ込み(影の声…tatenonには聞こえない)、という形式にしました。

原則として各店1回だけの紹介です。ただ、気になる新メニュー、臨時休業情報、他にも書きたいは適宜載せます。

よろしくお願いします。

PS.管理人名「tatenon」の由来は単に本人の住み処の所在地、練馬区立野町。某練馬区役所職員曰く「あの三角地区」と、練馬区扱いされてないところ(笑)、マンション業界では、立野は「北吉祥寺」という怪しげな呼び方が一般的。確かに最寄駅は吉祥寺…

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »