« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

武蔵関「むかいだ」さん

Musasiseki_mukaida『きのうたまたまみかけた「むかいだ」さんに行ってみたよ。普通の家で、粗挽き、土日のみ11時~17時の営業、という看板を見ては気になるよなあ』

武蔵関公園のすぐ近く、武蔵関駅と東伏見駅のほぼ中間です。

『普通の家の玄関を入ると目の前には急な階段。2Fへ上がれば、やっぱり普通の家だ』

玄関右が厨房。2Fは左の部屋が6人テーブル、右の部屋が2人テーブル×3ですが、どうみても普通の家のフローリングの部屋です。3Fはご自宅なのかな。

Musasiseki_mukaida1『そばのメニューは粗挽き・二八のもりそば800円だけだ。粗挽きとして普通に美味しいおそばだよ。つゆも不満もないし、結構だね。ただ、そんな細くもないのに若干短く切れたそばが混じっていたのは気になったな』

Musasiseki_mukaida_menu2そば以外のメニューはこんな感じでした(クリックで読めるサイズに拡大)。聞けば、まだ7月に開店したばかり。平日は別の仕事をなさっているそうです。これからに期待です。

蕎麦むかいだ
練馬区関町北3-37-18
03-3929-1612
土日のみ営業、11:00-17:00
武蔵関駅南口下車、武蔵関公園に向かって川沿いの道、公園手前。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

高井戸「休日や」さん

『大型台風が去って、やっと秋がきた感じ。秋分になってやっと秋とはねえ』

今年は変な気候です。

Kyuujituya_zenkei_4『こういうときは自転車に乗っても気分いい。yukaさんが紹介なさっていた高井戸「休日や」までちょいと』

高井戸ならご近所ですね。どんな店か気になります。

『神田川に沿って最初の四つ角(左に踏切が見える)を右折して200mほど。素敵な一軒家。店内もゆったりして、センスのいい友人の家に招かれたみたいな気分だ』

一軒家系喫茶店ですね。そんな言葉聞いたことない?私もありません(苦笑)

Kyuujituya_tennai『もりそばは、外皮を取って中粗挽きにした「白」と外皮ごと粗挽きにした「黒」、迷わず?白をお願いした。ちょっと時間がかかりそうな風情だったんで、ギャラリーで坂井ゆかなさんのガラス展を見る。不思議な感じのガラス工芸、面白いね。自分で使いこなす自信はないなあ』

陶磁器でも、個展用に作ったものは使いこなし方が難しいことがありますね。作家が普段使い用に作ったものは一番便利。

Kyuujituya_siromori『さあ出てきた。生粉打ちなのに、エッジが立ってしかもとてもなめらかな美味しいそば。つゆも凛としたつゆ。お見事だね』

十割でこれだけのものを出すのは、高い技術に加え、相当体力がないと難しそうです。

『ひとりでゆったりするのも最高だけど、仲間内とのんびりとそば前するのも楽しそうだね。そば屋酒でなく、そば前、ね』

そば屋酒とそば前、どう違うんですかね(苦笑)

休日や
営業日・時間や地図は公式HP参照
http://www.qjitsuya.com/main.html
高井戸駅下車、環八渡って神田川の側道を浜田山方向に歩き、最初の四つ角(左に踏切が見える)を右折、坂を上がってしばらく先の右側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

阿佐ヶ谷「やの志ん」さん

『阿佐ヶ谷は手打ちそば屋さん密集地帯だね』

ぱっと思い浮かぶだけでも数軒あります。

Yanosin_1『やの志んさんに、休日昼と平日夜に行ってみた』

まず昼に様子を見て、良ければ夜に一杯やろう、というわけです。

『阿佐ヶ谷の住宅街の中だから、場所はわかりにくいね。中杉通りから行くとどこでまがるかわからんから、西口駅ビルから出るのが良さそうだ』

西口の駅ビル(ダイヤ街)の一番奥が新鮮館、左側に出て右に少し行き、左に曲がって100mくらい、Y字路っぽいところがあるので左に行けばすぐです。

Yanosin_morisoba『ほんと住宅を改装した風情だな。そばはどんなものかな?やや細打ちで、キリッと角の立ったしっかりしたしっかりしたそばだ。店の雰囲気もいいね』

というわけで、夜に再訪と相成った次第。

『一人ならカウンター席なんだろうけど、がらがらだったから掘りごたつ式小上がりを使わせてもらったよ。のんびりできていいなあ』

小上がり好きはいつものことです。

『おさけは獺祭や臥龍梅などを始め数種あるみたい。くたびれてるときは考えるのが面倒、今日は一ノ蔵と浦霞の熱燗だ。肴は「豆銘(とうべい)」、これは豆腐のもろみ漬けでチーズっぽい味。あと鰯みりん干し。どっちも酒が進む危険極まりない肴(笑)』

最近はおさけだけ頂き続けるのがしんどくて、お茶や水を飲みながらおさけを頂くのを習慣にしています。豆銘はほんのちょっとでおさけ3合くらいは呑めそうですが、その飲み方をすると翌日が危険(苦笑)

『さて、〆は鶏そば。大山(だいせん)地鶏を使っているそうなので、楽しみだな』

ついおおやま地鶏と呼んでしまいそうです。昔、ある作家が「近頃の若い編集者は伯耆大山も知らないのか、大山をおおやまと読んでいたよ、情けない」と言ったそうです。確かに伯耆大山は富士山、立山、(木曽)御嶽山と並び日本四名山に数えられる名山です。でもねえ。南関東在住者にとっては、大山と言えば丹沢の大山(おおやま)なんですよね。古典落語の「大山詣り」は有名だし、だいいちR246は大山街道。

Yanosin_torisoba『ネギと軽く炒めてある鶏をかけそばに載せたんだね。皮は取ってあるのに脂がつゆに適度に染み出ていて、これはいい。ちょっとそばが切れ気味なのが残念だけど、このそばは温そばよりもりそば向きだから仕方ないな。次回は鶏せいろにしようっと、これは楽しみだ』

他にも豚の三枚肉の豚そば、鴨そばもありますね。一番高い鴨でも1050円です。

『のんびりできたし、大いに満足。花番さんの接客もとても気持ちいいし、これは本当にいい店だな』

阿佐ヶ谷は定期の範囲内だし、夜は9時ラストオーダーで10時までやってるし、とても使いやすい。これからも時々来そうです。

手打ち蕎麦 やの志ん
杉並区阿佐ヶ谷南3-33-11
03-3391-8045
11:30-14:00LO、18:00-21:00LO
月休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

Soba Nova Live 2011@大庵さん

Scan10007『そばのばらいぶ、って面白そうだから行ってみたよ』

大庵さんは新宿駅前のお店ですね。10周年おめでとうございます。10周年記念に無料の東日本被災地支援チャリティーコンサートを開くとはお見事、大庵△!

Daian_sobanova_live1『7時頃着いた。まずはマヤ・ハッチさんのJazz。間違いなくしっかりした芸、相当な歌い手さんだ。私はJazzやや苦手だけど、さすがに素敵だね』

この方のライブを無料で聴ける機会はなかなかなさそうです。

Daian_sobanova_yuka_2『次は「幻の蕎麦ブロガー‘つれづれ蕎麦’yukaさんによる蕎麦談義」。毎日ブログ書いてらっしゃるけど、確かにマスコミなどには出てこられないんで謎だね。yukaさんの話、イイネ!』

どんな方かって?そりゃあ幻のままにしておくのがおしゃれでしょ、でも、インタビュー記事のURLくらい貼ってもいいかな(笑)

Daian_sobanova_kameji『三笑亭可女次師匠のお話も面白かったよ。誰もが知ってる「時そば」を聞かせるとはなかなかの芸だ』

二つ目ですが、将来が楽しみです。惜しむらくは、そばの食べ方の雰囲気がいまひとつ。修行のためにも、そばをもっと食べてほしいなあ(笑)

Daian_sobanova_hiyakake『Liveを楽しんだあとは、当然そばだね。ここの料理は楽しく美味しい。そばは最初にハーフサイズの冷やかけが出てきた。今年は冷やかけを楽しめる店が増えたけど、この冷やかけもなかなかのもんだ』

椀代わりに冷やかけとは洒落てます。

『料理は写真撮ってないんで省略するけど、とても良かった。仕上げは紫蘇切り。普通、変わりそばはさらしな台だけど、ここは普通のそばで作っているんだね。これは初めてみた。意表を突かれたけど薫り高く、とても美味しかったよ』

面白いですね。

『大庵さん、以前に比べて美味しくなったなあ。また行こうっと』

yukaさん、お疲れ様でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »