« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月16日 (日)

西荻窪「吉」さん

Kiti_misegamae

『西荻窪「吉」さんに行ってみたよ。「一水」さんと「鞍馬」さんまでの距離、いずれも20m弱』

いくらなんでも近すぎですねw

Kiti_menu

『そばのメニューはもり、だし(冷、温)、鴨の3種か。だしってなんだろう?聞いてみたら、(冷や)かけそばということだった』

ちょっとややこしい呼び方です。

Kiti_dasisoba

『聞いてみたことだし、だしの温にしてみるか。薬味のネギが最初から載って出てくるんだ。そばは温そばなのに全くだれないしっかりしたもの。かけつゆは香り高い出汁、とてもいいけど、軽すぎる感じもする。多分、一杯やった後にちょうどいいんだろうな。飲んでる最中に汁物がわりで食べるのもよさげだ』

「吉」さんは、そばを売りにしている飲み屋さん、という方がしっくりくるかも。両隣のお店、「鞍馬」さんは求道派そばやさん、「一水」さんはその中間、という感じで三店三用の楽しみ方ができるでしょう。共存共栄してほしいものです。

そばとワイン 吉
03-5941-6779
12:00-14:00、17:30-23:00
火休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

千歳船橋「蔵吉家」さん

Kurayosiya_misegamae

『蔵吉家さん、千歳船橋駅からごく近いお店。噂はずいぶん聞いていたので一度来てみたかったんだ』

今回所用があり、千歳船橋駅に初めて降りたわけです。

『開店2周年でおさけが安いみたいだ。でも今日は呑めないのが残念』

以前は清瀬にあったそうです。

Kurayosiya_kakiage_tendon

『昼飯には当然そばと丼の980円の蔵吉家定食。今日はかき揚げ天丼と、320円増の大贅沢で「鴨わんたんそば」にしてみた。まずはかき揚げ天丼が先に出てきた。かき揚げは海老が美味しく、なかなか悪くない天丼だ』

揚げたてで美味しい天丼です。わずかに重い感じもしますが。

 

Kurayosiya_kamowantan_soba

『興味深い鴨わんたんそば。この店オリジナルとあるが、確かに他では見たことないな。かけにしてもだれてない立派なそば。「鴨度」低めの鴨わんたんは、そばの具として悪くない。ほんのり鴨を感じる程度のかけつゆも間違いない。全体としてとても良く出来た美味しい種物、私はこういうの大好きだな』

「鴨度」低め、これ、テストに出ます(笑)

『いい店だなあ。昼飯にも一杯にもいいし、深夜まで営業しているから他に呑んだ後で〆にも使えるから実に便利。近所にほしいもんだ』

地域に根付いて愛されている素敵なお店ですね。

蔵吉家
03-6413-1343
世田谷区経堂4-6-6

月火・木金
11:45-14:00、18:00-24:00LO

11:45-14:30、18:00-24:00LO
日、祝
11:45-14:30、18:00-22:30LO
水休

Kurayosiya_eigyoujikan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

青梅街道「佳蕎庵」さん4周年!

Kakyoan_misegamae

『佳蕎庵さん、4周年!』

開店当初、ごく偶然に入ったお店で、この記事です。珍しく複数回目の掲載ですが、それ以来すっかり常連です。そばが美味いのはもちろん、料理がまた見事。おさけもいいのが揃ってます。

Kakyoan_tenpura

『まずは昼の定食の天ぷらを肴にして一杯。ふぐ、美味いねえ』

東京では2012年からふぐ調理師でなくても「身欠きふぐ」は一定の条件のもとで取り扱えるようになってめでたいことです。→佳蕎庵ご主人はふぐ調理師免許を持っていて自分で捌いているそうです。ご指摘有り難うございました。

Kakyoan_hirezake

『ふぐのひれ酒。自家製の焼干しでおさけがすすむクン、危険きわまりないなw』

追加で注いでもらうこともできます。

Kakyoan_kosoba

『さて、おそば。小そばを自家製粉して打ってから数日寝かせたもの。味も香りもすごい。粗くしか碾けなかったそうで、つながりが悪いからやや太打ちにしたそうだ』

そばを寝かせて熟成させる技法も一部では知られるようになってきましたね。

『やっぱり佳蕎庵さんは並の打ち手ではないな。さらに頑張ってほしいもんだ』

住所や定休日等は公式HP参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

西荻窪「一水」さん

Issui_misegamae

『西荻窪に新しく出来た一水さん。なんと、2軒となりはやはり最近できたさん、その2軒となりは有名な鞍馬さん』

リンクにつれづれ蕎麦さんを貼ってるのは、吉さんは未訪、鞍馬さんは8年前の訪問の記事(その後何度も行ってますが)でデータ古すぎ、という事情です。もっとまめに記事書けば良いんですけどw

Issui_soba

『せいろと田舎の二色そば。微粉の二八かな?どちらものどごしのいいしっかりしたそば。つゆはすっきり軽く仕上げたもの。よく合っていて美味しいおそばだね』

開店当初から立派なものです。

Issui_menu

『ほぼ同時に2軒新しく出来てはなかなか大変だろうけど、どのお店も頑張ってほしいものだ』

別々の特徴がある3軒のお店、多くのお客さんが来てはやることを期待しましょう。美食の街西荻が新たなそばの街になったことに乾杯!

手打蕎麦・美酒・肴 一水
03-5941-8410
杉並区西荻南3-10-4
火~土 11:30-14:30、17:30-23:00
日祝 11:30-14:30、17:00-22:30
月休

Issui_eigyojikan

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

牛込「志ま平」さん

Simahei_misegamae

『牛込神楽坂の志ま平さん。あの辺は驚異的なそば屋さん密集地域だな』

近所には芳とも庵さんやたかさごさんなど、有名店がたくさんあります。

『今日はつれづれ蕎麦さんに無理言って連れてきて貰った。大感謝!!!詳細はそちら見て貰った方が早いな』

あんたもブロガーの端くれなんだから、ちゃんと自分のブログでも紹介しましょう!

Simahei_zensai

『まあ、少しは自分のブログにも書こうっと。まず前菜4種。普段ならこれだけで十分呑めるなw』

蕗味噌など。寒いけど、もうすぐ春ですねえ。

Simahei_soup

『そばの冷製ポタージュスープ。ほんとしみじみ美味い。とても優しい味、宿酔の朝なんかに戴けば胃が休まること確実』

蕎麦の実の食感も楽しい。

Simahei_sobazushi

『蕎麦寿司、これは凄いね。蕎麦寿司ってこんな美味くできるんだ、と改めて感心させられる』

浮いているように見えますが、当たり前ですが光の具合です。

Simahei_sakana

『そば屋の料理盛りあわせ。多種少量ずつ戴けるから、飽きがこなくて嬉しい』

ひとつひとつが実にに丁寧な味付けされています。

Simahei_sobagaki

『そばがき。うんうん、そばがき!!!!!』

もはや何言ってるのかわかりませんw

Simahei_sobakurepu

『そば切りの蕎麦クレープ巻き。ダブルのそばに、野菜が実に仕合わせ』

野菜が引き立つのも、蕎麦のうまさあってのことです。

Simahei_soba

『さて、無事にそばにたどり着いた…写真のピンぼけっぷりを見ると無事でもないかな。せいろと深山(みやま)の二色。
せいろの軽くて深い味わいと香りに気持ちいいのどごし、そば切りの一つの頂点と言っても過言ではないと思うよ。
深山は、味も香りも驚異的に濃く、凄い。凄すぎて、そば切りを超えてるかも知れないね』

わけわからん表現ですねw、感動的に美味いことは太鼓判!

『いやあ、美味いなんてもんじゃなかった。たまにはぜひ来るべき店だな』

「毎日食べるそば」ではなく「ハレの日のそば」です。

巽蕎麦 志ま平
03-5261-8381
18:00~22:00ごろ
日休(祝営業)
禁煙、ほぼ要予約に近い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »