« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 8日 (日)

東十条「一東菴」さん

Photo

『一東菴さん。最近すごく評判がいいんで気になってたんだけど、東十条ってちょっと行きにくいんだよね』

練馬の南西から京浜東北線は不便ですね。

『埼京線に乗ってるとき、ふと、十条駅から歩けるかな?と思いついて地図みたら徒歩数分なんだね。だったら赤羽で乗り換える必要もないし、便利だね』

十条中央商店街を歩きます。途中、東京には珍しく大衆演芸場があるので、演芸場通り商店街とも呼ばれているそうです。

『東十条に来ると急に店がなくなるな。心配になるほどだ』

Photo_2

駅周辺が車両基地の関係で一瞬なくなるだけです。アド街で特集されるほどの街。一東菴さんも18位で出ています。(赤羽のような主要駅の隣に車両基地が造られることが多いそうです)

 

Photo_3

『さて、戴いたのは二八と十割の二種盛り。まずは二八。茨城笠間の常陸秋蕎麦。気持ちよいコシがあって固くないのがいいな。のどごしよく味も香りも素晴らしい見事なそばだ。つゆはすっきりやや辛口、これも見事なそばの引き立て役。薬味は辛み大根と本山葵でこれも言うことなし』

ほんと見事なすごいそばです。

 

Photo_4

『十割。北海道新得の牡丹。これは十割らしく二八以上に味も香りも濃く、のどごしも悪くない。見事なもんだね。私は二八派だけど、これだけのものなら文句のつけようもない』

評判になるのは当然、素晴らしいそばでした。

『いやあ、見事だった。これは絶対再訪しないといかんな』

十条から歩けるなら、新宿から一本ですから、そんなに不便ではありません。

一東菴
03-6903-3833
月~水11:30-14:00LO
木、金11:30-14:00LO、18:00-20:00LO
土、祝11:30-15:00LO、18:00-20:00LO
日休、第二月休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

経堂「しらかめ」さん

Sirakame_misegamae_3『名店の誉れ高いしらかめさん、なぜか初訪なんだよなあ』

小田急線沿線は、他に用事もないし、井の頭線から小田急線に乗り換えると電車賃も馬鹿にならんし…という感じです。いわゆる「コスパ」の分母には、電車賃と時間も含まれますから。

Sirakame_soba

『今回はすっきりもりそばのみ。薬味なし、山葵別料金か。それも「あり」だな。できればねぎは欲しいけど』

薬味は要らない人もいますし、食べずに捨てるのはもったいないので、この考え方は納得できます。

『さて肝腎のそば。うん、のどごしよく味も香りも濃い、見事なそばだね。つゆもそれにふさわしい。薬味なしも納得できる』

名店の噂は間違いなかったですね。

『なるほど、志美津やさんやあめこやさんなどと並んで都内小田急線沿線を代表するお店の一つだね』

都内と書いたのは、神奈川はよく知らないせいです。

Goutokuji

『ここまで来たから豪徳寺さんを拝観してみよう。井伊直弼公の墓所もあることでも有名だ。招き猫発祥の地という説もあるそうだね。ひこにゃんもこの招き猫が由来らしいだそうな』

写真は豪徳寺内にある三重の塔です、見ればわかりますねw

03-3420-1988
11:30-14:00LO、18:00-21:00LO
(売切れ仕舞あり)
火休、水は夜のみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

喜多見『志美津や」さん

Simizuya_misegamae

『志美津やさん、何回か来てるんだけど、ブログ書き忘れてたよ』

いつも相当酔って帰るからうっかりするんですよw

Simizuya_asari

『でも、今回こそ忘れずに書こう。なんと言ってもこの冷やし浅蜊、最高!サラダ感覚で、かつ、見事なぶっかけで、なんて書き出すとキリがないな。夏の暑いのは苦手だけど、これを食べると、この季節が来て良かった!と思う逸品だ』

このお店、もちろん普通のそばも最高だし、他の季節のそばもまた凄いんですよね。でもこの冷やし浅蜊が別格という気がします。

『小田急線沿線のなかで、志美津やさんを№1に上げる人も多いけど、そう言っても決して褒めすぎではないと思う。素晴らしい名店だね』

褒めても何もでませんけどw

『お休みは6の付く日とその他若干が原則らしいけど、必ず定休日一覧で確認してから行こう』

毎週○曜でなく、毎月○の付く日というのは、日本古来の形ですね。

志美津や(しみずや)
03-3489-0381
11:30-20:00LO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

諏訪「花尋庵」さん

6

『諏訪大社さま、前から行ってみたかったけど、期待に違わずすごい神社だねえ。東京からたいして遠くないし、神社好きなら絶対行くべき神社だな』

上社(本宮、前宮)、下社(秋宮、春宮)それぞれ味があって素敵な神社ですね。神宮(お伊勢さま)と出雲大社が横綱格、諏訪さまは大関格でしょう。なお写真は下社秋宮の神楽殿ですが、太いしめ縄は出雲さまっぽい雰囲気です。

3

『上社と下社の間くらい、諏訪湖畔にある「花尋庵」さんに寄ってみた。見た目なかなか素敵だね』

車ですので、おさけは我慢。車以外で来るにはしんどい場所なので、おさけを楽しむ人は少ない模様です。

4

『戴いたのは三色そば。左から、せいろ、さらしな、田舎。下手なさらしなだとゴムっぽい食感がするんだが、ここは一茶庵系らしいさらしな、甘くて美味しいね。もちろん、せいろも田舎も素直に美味しい。ちょっと残念だったのは、せいろがやや伸びかかっていたことだな』

一緒もりの方が見た目きれいだけど、1枚づつ持ってくるほうが実質的には良いでしょう。

5

『お茶請けにだしてくれたキュウリの佃煮。プルーンみたいな食感でちょっとびっくり。これは面白い』

頭の中で無意識にキュウリの食感をイメージしてますから驚きます。

『うん、いい店だったなあ。諏訪さまにお参りするときにはまた寄りたいお店だ』

花尋庵
0266-52-8720
11:00-14:00、夜は要予約
月休、月末火休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »