« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月14日 (木)

北広島「達磨雪花山房」さん

Photo_14

 

『さあ今回の出雲広島旅行の本題、達磨だ!』

達磨ニアにとっての聖地に来るのは通算3回目です。少し前に、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演なさったので、大混雑と聞いていましたが…

『NHK放映の後、しばらくは未明2時から並んでいる人がいたとか、朝8時で締め切らざる得ないとか、達磨渋滞が発生したとか、無茶苦茶な状態だったようだけど、今は少し落ち着いたみたいだ』

この日、朝9時半の時点で40人待ちでした。もりそばしかメニューにないので回転は早く、待ち時間は行列人数×1分程度でしょう。

Photo_15

『いやあ素晴らしい!言うことなし!』

高橋師のそばが、相変わらず一つの頂点であるのは間違いありません。

『気になるのは今後だね。達磨雪花山房は来年のどこかで閉店。高橋師は大分杵築に引越なさるそうだが、杵築では営業しない。各種そば会は、大幅に減る。ということらしい』

高橋師も今年末で古稀ですから、だいたい引退、というところでしょうか。

『でも高橋師の性格を考えれば、そんな簡単に引退なさるとも思えないな。どんな風になさるのか、これはこれでまた楽しみだ』

達磨雪花山房
各種データは公式HP参照

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

広島天満町「出雲そばいいづか」さん

Photo_8

『出雲のあとは、広島で出雲そば』

そういえば、広島にはご当地そばはありません。

『駅から路面電車で行くんだが、結構遠いね。店ではなんとビクターの犬がお出迎え』

ビクター犬!これぞ昭和を代表する犬ですw

Photo_9

『遠かったなあ。まずはビールで一休み。あてには「野やき」が結構いける』

「野やき」だけで結構呑めますw

Photo_11

『この後、どこか評判良さそうな居酒屋で瀬戸内の魚で一杯、という計画だったんで、こちらではおさけはやめておいたけど、そば前もなかなか良さそうだね』
食べログの口コミやメニュー写真を見ると、肴が全然見当たりません。訪問前に少し心配していたのですが、夜は大丈夫、しっかりそば前できます。おさけも肴もありまぁす!

『このクソ暑いのに、一瞬空気が凍ったのは気のせいかな。まあいいや、本題に戻ろう(汗)

Photo_10

そばは当然「三色割子」にしたいね。ここでは「三味そば」になるよな。おろし、とろろ、生玉子の三種類。つゆの雰囲気はどこも共通で、やや薄口。そばはここは田舎と都会の間くらいで、これもまたとても良い。三味それぞれの味わいも、また格別だよ』

出雲に負けない出雲そばが、田舎と都会の間くらいの広島で味わえるのは、まことに嬉しいことです。


出雲そば いいづか
082-234-0789
11:30-15:00、17:30-19:30
水休
公式ブログ

電停「天満町」には、広島駅から広島電鉄(路麺、じゃない、路面電車)2号線宮島口行きです。

Photo_13

以下、鉄じゃないけど、鉄っぽい余談。路面電車の駅、というか、停留所、というかは、「電停」って言うんですね。「安全地帯」や「黄色の矢印信号(写真)」の実物は久しぶりに見ました。あと、路面電車は「無閉塞運転」でバスみたいな運転する(鉄道はブレーキの効きが悪いのに凄い!)のに、ちゃんとポイントが切り替わるのが不思議でしたが、ぐぐったらちゃんと上手い仕組みがあるのには感心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

出雲市「羽根屋」さん

Photo_5

『レンタサイクルだと動きが自由だよね。少し頑張って長浜神社に参拝。ここは出雲の国引き神話の神様が祀られてるところだね。静かで素敵な神社だ』

出雲大社の参拝作法は独特で二礼四拍一礼、当然摂社や末社も同じ。近くの神社はどうなんだろ?と心配になりましたが、こちらは一般的な二礼二拍一礼でした。

Photo_6

『さて、もう一汗かいて、出雲市駅に戻ろう。良い具合にお腹もすいてきたんで、今度は「羽根屋」さんの本店』

「羽根屋」さんは、他に支店が二軒あるそうです。なお、長浜神社と羽根屋さんが近いわけではありません。出雲大社→長浜神社→出雲市駅は、普通は車のコースです(苦笑)

Photo_7

『お、また三色割子がある!これにしよう。でも、内容は結構違うんだな。まずおそばとつゆだけ、あれ、そばは細打ちのすっきりした都会的なそばだね、これはこれでとても良い。つゆは似たような雰囲気、そばを浸しても辛くならない薄口』

田舎っぽくないそばとは意外でしたが、「献上そば」の名に恥じぬものです。先ほどの「かねや」さんも別の向きで見事なそば、店ごとにいろいろ楽しめるのはとても楽しいこと、出雲で戴いた甲斐がありました。

『具は、まず山菜、薬味の種類追加のようでそばの味を邪魔しない。おろしと揚げ玉。すっきりした雰囲気に揚げ玉がちょっと加わると少しだけこってり感が加わって面白いね。そしてここでとろろがやっぱり嬉しい』

こちらでは薬味は別盛りなのも面白いですね。

『ああ、美味しかった。出雲はここまで。さあ、これから広島だ』

なぜ広島かって?近日中にわかりますよ、もちろんみなさんの予想どおりですw

羽根屋
本支店の営業時間や地図等は公式HP参照

PS.東京から出雲は、飛行機(JAL)が圧倒的に便利、うまくすれば、格安チケットが入手できることも。
出雲から広島には、高速バス、出雲市駅から3時間くらい
出雲市のレンタサイクルこの地図の出雲市駅東駐輪場(条例中にある用紙に事前記入していったらダメで、現地で専用用紙に記入しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

出雲大社前「かねや」さん

Photo

『出雲へ来るのはほぼ初めて、修学旅行のときに来たとは思うがあまり記憶にないな』

修学旅行は、海外よりも日本の名所に行くべきですね。金閣寺、奈良大仏、日光東照宮など、修学旅行以外でなかなか参拝する機会はありません(苦笑)。同様に、出雲大社(写真)も日本人としては絶対参拝しておきたい神社です。

『出雲大社まで出雲市駅からレンタサイクルで来たんだけど、のだが、道中はなんとか降らずに、神社では見事な雷鳴と大雨』

雷様と水神様のお出ましとは大歓迎ですね。

Photo_2

『さて無事に参拝したあとは当然そば。つれづれ蕎麦さんでも紹介された「かねや」さんへGO!』

出雲大社様の結構近くです。


Photo_3

 

『せっかく来たんだから、三色割子を戴こう。生玉子に、とろろ、それに薬味だけの三色か。まず薬味だけで。うん、そばはややもっちりした感じの田舎っぽいものだね。これに薄めのつゆがよく合うなあ。これぞ、割子そば、という感じだね』

これぞ、と言えるほど割子そば食べてないんですけどね。東京に割子そばの店ってとても少ないんで。

『で、つゆをとろろの方に移して、これもぴったりだ。生玉子、言うことないね。これは楽しい』

見ても味わって楽しいのが三色割子、くせになりそうですw

Photo_4

『ここまで来たら、是非「稲佐の浜」に行こう。国譲り神話の舞台』

大国主命に国譲りを迫った武甕槌命が建御名方命と相撲を取ったところですね。そういえばブログ主は前回には武甕槌命の鹿島神宮様、少し前に建御名方命の諏訪大社様を訪問してます。

かねや
0853-53-2366
9:30~17:00、無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »