ママチャリ圏内のお気に入りのそば屋さん

2014年5月16日 (金)

調布国領「星月」さん

Seigetu_misegamae

『星月さんと言えば閉店した小田原のお店が有名だけど、ここはその身内の方がやってるお店だね。やっと来られた』

小田原には行きそびれてしまいました。

Seigetu_mori

『まずはもりそば。うん、街場の手打ちそばやさんだなあ。今風ではなく、少し昔の味。最近あまり見かけないけど、こういうのは飽きが来なくて好きだなあ』

最近は味の濃いのが流行り、こういうあっさり派は減りました。

Seigetu_set

『別の日に戴いたランチのセットメニュー。これは結構ボリュームあってランチとしていいもんだよ』

ランチメニューがあると来やすいですね。

『うん、ここいいなあ。刻み鴨汁のそばも良さげだし、また来てみよう』

国領という場所が吉祥寺からはちょっと微妙ですが、落ち着けるし、お酒も楽しめそうですね。

星月
0424-82-2468
11:30-15:00、17:00-21:00
(日祝は中休みなし)
火休(祝日営業翌休)
禁煙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

石神井「こねり庵」さん

Konerian_mise

『こねり庵さんはまだ開店したばかりだね。こねりって粉練り、なのかな。つれづれ蕎麦さんで知って、ほろ酔い蕎麦さんでメニューを確認』

みなさん(うちも)西武新宿線沿線は便利なんで、期待してるわけです。竹やぶ系なんで、値段が心配でしたが、意外にも(失礼)普通の値段でした。

『店内はゆったりしてるね。今日は田舎そばを頂いてみよう』

田舎とせいろ、そばは2種類の模様です。

Konerian_soba

『美しいそばだね。なんかもっちりしてる、これは珍しい。甘くて濃いつゆはこのそばに合わせたのか、なるほど。この組み合わせ、好きなタイプだな』

竹やぶ系のイメージとは異なる感じ、このほうが好みです。

『これから期待できるそばやさん、実に楽しみだ。まだちょっと動きがぎこちないところはあるけど、すぐ慣れるだろう』

今度はそば前も頂いてみたいお店ですね。

公式ブログ

データや地図は下記写真参照

Konerian_tirasi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

阿佐ヶ谷「手打ち 達吉」さん

Tatukiti_misegamae

『阿佐ヶ谷に新しいおそばやさんが出来たね』

9月閉店の「岳人」さん跡地の居抜きで始められた模様です。

『花束がいっぱいあると嬉しいもんだ。さて、どんなお店かな』

池袋の宮城野さんの花束も見かけましたが、ご出身でしょうか?

Tatukiti_seiro

『まずは最初だから基本のせいろそばを頂こう。開店したばかりだけど、メニューは結構あるよ』

きっちり修行なさったことを感じさせますね。

『素直に美しいそば、見るからに美味そうだ。うん、期待に違わぬ見事なそば、つゆもやや辛口かな、そばを引き立てるいいつゆだ』

開店早々でこのレベルとは驚きです。

『いやあ、満足。これからがほんと楽しみな店だ』

それにしても、阿佐ヶ谷はすごい手打ちそば屋さん密集地帯ですね。

手打ち 達吉
杉並区阿佐谷北2-15-4
03-5327-8741
11:30-14:30、17:30-22:00
水休
※住所クリックで表示される位置が微妙に違い、実際は100円ローソン前です。
※2013/11/24臨休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

荻窪「春木家本店」さん

Harukiya_misegamae『そば・ラーメンの「春木家本店」さんとラーメン専門の「春木屋」さんが近くにあるからややこしいね。元は親戚だそうな』

「春木家本店」さんは昭和6年創業、荻窪ラーメンの店としては日本最古だそうです。

『結構評判いいから一度来ようと思っていたんだけど、念願かなった』

自転車で15分ほど、「念願」というには近すぎです(笑)

Harukiya_arabikiseiro『頼んだのは粗挽き十割蕎麦。食べるのは初めて?と花番さんに質問されて、そうですと答えたら、食べ方教えてくれた。まず何もつけずに、次にたれにつけて、次に薬味の大根だけ入れて、最後に好みでネギや山葵も入れて、ということ』

『「たれ」と言われて違和感持ったけど、つゆが濃いので、確かに「たれ」という感じもするね。粗挽きで香り高く、実にしゃきっとしたのどごしのいいそば、それに「たれ」が良くあってる。見事なもんだ』

量は多くもないし、「たれ」が濃いので、2~3枚くらいはおかわりできます。


Harukiya_chuuka『せっかくだから有名な中華そばも。すっきりしたつゆに上にかかったラードがたまらない。うん、これが「荻窪ラーメン」だな。今時のラーメンと違うけど、これはこれで飽きがこなくて実にいいよ』

『ああ美味かった。再訪して粗挽きそばも食べたいし、種物やご飯物も食べてみたいもんだな』

中休みもないし、お酒や肴もあるし、すごいお店ですね。

春木家本店

情報は公式HP参照

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

高円寺「くら家」さん

『高円寺純情商店街、小説が売れてからこの名前になったんだよね』

ねじめ正一の小説はテレビ化もされていたようです、しらなんだ…

Kuraya_misegamae_3さて、「くら家」さん。駅から近いのが有り難いな。ずいぶん庶民的。がらがらっと、サンダル履きで入っても良さげだね。』

ざっかけない高円寺の商店街にはおしゃれな店よりこの方が馴染みます。

『メニューはずいぶん豊富だ。宴会やるにも全然困らないな』

貸し切り可かどうかは不明です。

Kuraya_tumami『独酌には晩酌セット1,360円がやっぱりお徳感あるな。おさけもこだわりなく燗酒で、今日はテキトーにやろう』

いつもテキトーなのは内緒ですかw

Kuraya_tamago『おさけ一本。つまみがちょこちょこっと何種類か、加えて卵焼きも出てくるんだね。これは独酌にはいいなあ。どれもおさけにちょうど加減なものだよ』

大皿で出てくると独酌にはしんどいものがあります。

『さて、仕上げはそばか。寒いからかけそばにしよう。太打ちの田舎で頼むか』

せいろと田舎、というより、細打ちと太打ちから選べるようです。

Kuraya_kakesoba『田舎、太っ!これはもりそばで食べるにはしんどそうだな。かけだと全然のびないのが有り難いな』

晩酌セットでこれだけ楽しめます。これで完結、と言いたいところですが、おさけがたりなくなって1本追加してますw。晩酌セットのそばは少なめだから、もう1枚頼んでもいいかも知れません。

手打ちそば・地酒 くら家
杉並区高円寺北3-24-8
03-6315-7321
11:00-14:30、17:30-23:00
火休


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

中野坂上「らすとらあだ」さん

Rasutoraada_misegamae

『らすとらあださんって面白い名前だね』

道という意味だそうですよ。英語のすとりいとなのかな。

『夜だと全然わからないところだね。中野坂上は土地鑑あるはずなんだが』

住宅地の路地ですから仕方ありません。看板くらいほしいところです。

『あ、ここらしいな。店だかなんだかわからない。』

そういう感想を持つ人が多い模様です(笑)

Rasutoraada_sake

『テーブル席と聞いたけど、実はリビングのちゃぶ台なんだな、面白いね。まずは一献。メニューはないんだね。おさけもいろいろあるらしいから、好みを言って適当に見繕って貰えばいいみたい』

ブログ主は純米でしっかりしたおさけを燗にするのが好きなのですが、ちゃあんとそういうのもあります。

『肴のメニューも口頭で。やっぱりメモでいいからほしいな。豆腐と豆にしよう』

かぶってる気もします(笑)

『豆腐というより豆乳の塊みたいだ。眠庵さんっぽい雰囲気もあるね』

眠庵さんにいらしたこともあるそうです。

Rasutoraada_soba

『さてそばにするか。皿そばか。きれいに水が切ってあるからこれでもいいな。そばは、うん、濃いそばか。なかなか思い切りのいいそばで楽しいね』


まだ開店して数ヶ月だけど、見事なそばです。中野坂上から近いし、再訪は必至でしょう。


「らすとらあだ」
03-6276-8364
12:00~14:00(火・木)
17:30~21:00(月~金)
12:00~16:00(土)
日曜定休、禁煙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

高井戸「休日や」さん

『大型台風が去って、やっと秋がきた感じ。秋分になってやっと秋とはねえ』

今年は変な気候です。

Kyuujituya_zenkei_4『こういうときは自転車に乗っても気分いい。yukaさんが紹介なさっていた高井戸「休日や」までちょいと』

高井戸ならご近所ですね。どんな店か気になります。

『神田川に沿って最初の四つ角(左に踏切が見える)を右折して200mほど。素敵な一軒家。店内もゆったりして、センスのいい友人の家に招かれたみたいな気分だ』

一軒家系喫茶店ですね。そんな言葉聞いたことない?私もありません(苦笑)

Kyuujituya_tennai『もりそばは、外皮を取って中粗挽きにした「白」と外皮ごと粗挽きにした「黒」、迷わず?白をお願いした。ちょっと時間がかかりそうな風情だったんで、ギャラリーで坂井ゆかなさんのガラス展を見る。不思議な感じのガラス工芸、面白いね。自分で使いこなす自信はないなあ』

陶磁器でも、個展用に作ったものは使いこなし方が難しいことがありますね。作家が普段使い用に作ったものは一番便利。

Kyuujituya_siromori『さあ出てきた。生粉打ちなのに、エッジが立ってしかもとてもなめらかな美味しいそば。つゆも凛としたつゆ。お見事だね』

十割でこれだけのものを出すのは、高い技術に加え、相当体力がないと難しそうです。

『ひとりでゆったりするのも最高だけど、仲間内とのんびりとそば前するのも楽しそうだね。そば屋酒でなく、そば前、ね』

そば屋酒とそば前、どう違うんですかね(苦笑)

休日や
営業日・時間や地図は公式HP参照
http://www.qjitsuya.com/main.html
高井戸駅下車、環八渡って神田川の側道を浜田山方向に歩き、最初の四つ角(左に踏切が見える)を右折、坂を上がってしばらく先の右側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

阿佐ヶ谷「やの志ん」さん

『阿佐ヶ谷は手打ちそば屋さん密集地帯だね』

ぱっと思い浮かぶだけでも数軒あります。

Yanosin_1『やの志んさんに、休日昼と平日夜に行ってみた』

まず昼に様子を見て、良ければ夜に一杯やろう、というわけです。

『阿佐ヶ谷の住宅街の中だから、場所はわかりにくいね。中杉通りから行くとどこでまがるかわからんから、西口駅ビルから出るのが良さそうだ』

西口の駅ビル(ダイヤ街)の一番奥が新鮮館、左側に出て右に少し行き、左に曲がって100mくらい、Y字路っぽいところがあるので左に行けばすぐです。

Yanosin_morisoba『ほんと住宅を改装した風情だな。そばはどんなものかな?やや細打ちで、キリッと角の立ったしっかりしたしっかりしたそばだ。店の雰囲気もいいね』

というわけで、夜に再訪と相成った次第。

『一人ならカウンター席なんだろうけど、がらがらだったから掘りごたつ式小上がりを使わせてもらったよ。のんびりできていいなあ』

小上がり好きはいつものことです。

『おさけは獺祭や臥龍梅などを始め数種あるみたい。くたびれてるときは考えるのが面倒、今日は一ノ蔵と浦霞の熱燗だ。肴は「豆銘(とうべい)」、これは豆腐のもろみ漬けでチーズっぽい味。あと鰯みりん干し。どっちも酒が進む危険極まりない肴(笑)』

最近はおさけだけ頂き続けるのがしんどくて、お茶や水を飲みながらおさけを頂くのを習慣にしています。豆銘はほんのちょっとでおさけ3合くらいは呑めそうですが、その飲み方をすると翌日が危険(苦笑)

『さて、〆は鶏そば。大山(だいせん)地鶏を使っているそうなので、楽しみだな』

ついおおやま地鶏と呼んでしまいそうです。昔、ある作家が「近頃の若い編集者は伯耆大山も知らないのか、大山をおおやまと読んでいたよ、情けない」と言ったそうです。確かに伯耆大山は富士山、立山、(木曽)御嶽山と並び日本四名山に数えられる名山です。でもねえ。南関東在住者にとっては、大山と言えば丹沢の大山(おおやま)なんですよね。古典落語の「大山詣り」は有名だし、だいいちR246は大山街道。

Yanosin_torisoba『ネギと軽く炒めてある鶏をかけそばに載せたんだね。皮は取ってあるのに脂がつゆに適度に染み出ていて、これはいい。ちょっとそばが切れ気味なのが残念だけど、このそばは温そばよりもりそば向きだから仕方ないな。次回は鶏せいろにしようっと、これは楽しみだ』

他にも豚の三枚肉の豚そば、鴨そばもありますね。一番高い鴨でも1050円です。

『のんびりできたし、大いに満足。花番さんの接客もとても気持ちいいし、これは本当にいい店だな』

阿佐ヶ谷は定期の範囲内だし、夜は9時ラストオーダーで10時までやってるし、とても使いやすい。これからも時々来そうです。

手打ち蕎麦 やの志ん
杉並区阿佐ヶ谷南3-33-11
03-3391-8045
11:30-14:00LO、18:00-21:00LO
月休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

ひばりヶ丘『ほしの』さん

Hosino_1 『ほしのさんには、先代の頃、昭和の終わり頃と思うけど、1度来ただけだな』

昭和の終わりって、もう四半世紀近く前のことですね。

『先代のときは凛とした緊張感あふれる感じのすごい蕎麦だった覚えがあるけど、さすがに昔のことだからよく覚えてないなあ。今はどうなっているんだろうと気になっていたんだ』

先代が亡くなられて、奥様が再開なさったのも、もうずいぶん前のこと。今は完全予約制だから少し敷居が高い。もちろん1人でも予約できますが、今回は知人にお願いして3人で来ました。

Hosino_2 『1500円のコースでお願いした。枝豆から始まって、前菜盛り合わせ、湯葉、天ぷらなど、最後はデザートまで、何品出たんだろう?おさけが出てくるたびに料理も出てくる、という感じ、覚えきれなかった。どれも素敵なこと、並じゃない』

どれだけ呑んだのでしょうか?

Hosino_3 『よく呑みよく食べたところで、そばもとても優しいんだ。のんびり和めていいなあ』

昔「なごみのそば・凛としたそば」という本がありましたが、まさに先代の頃は凛としたそば、今は和みのそばなんですね。どちらも素敵です。

『ああ、美味しかった。Yさん、Hさん、感謝!』

なお、駅から歩くと遠いけど、バス停「ひばりヶ丘団地西口」は目の前。武蔵境~田無~ひばりヶ丘を結ぶ西武バス(境04)は結構あるので案外便利な場所です。

手打そば ほしの
080-3026-6588
西東京市西原町5-4-19
西武バス[境04][田43]
バス停「ひばりが丘団地西口」すぐ
昼/夜 予約のみ
P 1,2台 禁煙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

新井薬師前「火群」さん

Homuro 『どこで一杯やろうか迷ったけど、「火群」さんを初めて訪ねてみたよ。ほむろと読むのは珍しいね。普通はほむらと読むけど、何か謂われがあるのかな?』

新井薬師前駅から徒歩3分くらいですが、中野駅からも歩いて15分程度、tatenonさんには便利な場所、初訪なのが不思議なくらい。

『中野駅からサンモール、ブロードウェイ、薬師あいロードと面白い商店街を歩くのがなかなか楽しい』

前回の浅見製麺所も、薬師あいロードにあります。

『静かな住宅街のマンションの一室、中はなかなかおしゃれなお店。感じのいい女将さんが一人でやってるのかな。まずは白鷹の熱燗。肴はいろいろあるけど、すぐ出てきそうな〆鯖と、この寒さに嬉しい葱鮪鍋にしよう』

ねぎまとは嬉しいですね。そば屋というより小料理屋のメニューです。なお、メニューは日替わり、何があるかはその日のお楽しみ。

『葱鮪が熱々でたまらんなあ、寒い時季の幸せ。〆鯖の〆具合も好い加減、熱燗の良い友だ。次に東洋美人の冷酒とだし巻き、しっとり美味しいおさけに素朴なだし巻きがまことにご機嫌』

だし巻き、〆鯖、燗酒は各500円。まずまずお手頃で嬉しいですね。

『さて、本題のせいろそば。汁も薬味も真っ当、そばも香り高く美味しい見事なもの、これはいいなあ。さっぱりした飽きの来ないそばだ』

〆のそばとして、さっぱり飽きの来ないそばがいちばんかも知れません。

『ああ満足。ぜひまた来ようっと』

帰りには女将さんが丁寧にお見送り。とても感じのいい、素敵なお店ですね。

火群(ほむろ)
中野区新井5-12-9-105
03-3388-8717
17:00-23:00
木、日休
新井薬師前駅南口を出て左(新井薬師寺方面)に直進、2つ目の信号の四差路を角にパン屋カザミドリがある道を斜め右に入ったすぐ左

公式HP
http://www.homuro.net/

| | コメント (2) | トラックバック (1)