そば屋の肴

2007年1月31日 (水)

なんちゃって「鴨ぬき」

tatenonは晩酌党です。そば屋で呑むのももちろん大好きだけど、うちで飲んでる回数が一番多いですね。肴は、要するに晩ご飯のおかずです。ご飯に合う物はおさけにも合います。

たまには肴を自分で作ってみることもあります。もちろんごくごく簡単なものですけど。今回は生意気にもそば屋の肴「鴨ぬき」にチャレンジ。もちろん「なんちゃって鴨ぬき」だけど、結構美味いですよ。

Kamonuki1 鴨とネギを買ってこないと始まりません。鴨はももで十分、小さく切ります。肉屋さんで切って貰えば簡単です。ネギは…これくらいは自分でぶつ切りにしましょう。下ごしらえはこれでおしまい。鴨は100gもあれば2人前くらいは楽勝です。

Kamonuki2 汁は手抜きでめんつゆをかけ汁程度の濃さにします。火にかけてすぐネギを入れて、沸騰したら鴨を入れて弱火でしばらく煮ます。煮る時間はお好みで。煮すぎると固くなる?なに、小さく切ってあれば怖くない。ネギはよく煮た方が甘くなります。

Kamonuki3 器に盛って、はい、できあがり。こんなの料理ではありません。脂が出た汁、とても美味いですよ。別に乾麺でもゆでれば、すぐに鴨南蛮になります。余ったら、冷凍可能です。ネギを冷凍すると繊維が壊れるかも知れませんが、なに、気にしない、十分美味い。食べるのは自分ですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)